Zirconia的な何か

Zirconia的な何か

どうでもいいことを呟いたり、マイクラ日記をグダグダ綴ったり、動画投稿したり、Zirconium Diaのブログです

MENU

回路解説『運試しドア』

どうも皆さん、Zirconium Diaです。長い間、動画投稿サボって申し訳ありませんでした。

今回はランダマイザーを使ったドアの解説をしていきます。
YouTubeの動画↓

回路の構成

この回路は大きく分けて2つの部品から出来ています。

赤色の部分がランダマイザーで、青色の部分がコンパレーターを使った信号を延ばす回路です。

ランダマイザー

ランダマイザーというものを簡単に紹介します。
ランダマイザーは、不規則なタイミングで信号を出力したり、複数ある出力からどれか一つをランダムに選んで出力したりする回路です。簡単に言えばコイントスやサイコロみたいなものです。
マインクラフトのランダマイザーには、植物の成長を使った物や、ドロッパーを使った物などがありますが、この装置ではピストンを使っています。
参考動画↓


このように、入力があると出力Aと出力Bのどちらか一方に、信号が送られます。
少し重くなる事がありますが、かなり省スペースで作る事ができます。

信号延長回路


コンパレーターをこのように繋ぐと、信号の長さを延ばす事ができます。コンパレーターの数を増やせば、信号をより長くすることができます。
今回の装置では、ランダマイザーから送られてくる信号の長さを延ばして、ドアがすぐに閉じてしまわないようにしています。

終わりに

記事の冒頭にも書きましたが、動画の投稿が遅れてしまって本当にごめんなさい。
これでも2本ほど動画を録画していたのですが、他の実況者さんに先を越されてしまったり、バグで使えなくなってしまったりでボツになってしまいました。さらには録画アプリが使えなくなってしまってモチベーションは下がりっぱなしでした。
〜ここまで言い訳タイム〜
これからは、投稿ペースを維持できるように頑張りますので、よろしくお願いします。