Zirconia的な何か

Zirconia的な何か

どうでもいいことを呟いたり、マイクラ日記をグダグダ綴ったり、動画投稿したり、Zirconium Diaのブログです

MENU

回路解説『射的ゲーム』


どうもみなさん、Zirconium Diaです。しばらく投稿が滞ってしまって申し訳ありませんでした
言い訳になりますが、私生活の方がかなり忙しくなってしまいまして、さらに今まで使っていた端末はぶっ壊れて、新しく買ったAndroid端末ではブログ更新がうまくできないし…

とまあ、そんなことはどうでもいいです。今回やる気満々(四捨五入したら0)でやっていきましょう

今回は、射的ゲームです。
YouTubeの動画↓

回路の構成

今回の回路は大きく二つに分かれます

赤い部分はクロック回路で、青い部分はラッチ回路です。

クロック回路

今回の装置では、減算モードのコンパレーターを使ったクロック回路を使用しています。

このタイプのクロック回路は場所によって出力される信号が変わるので、回路の小型化に繋がっています。

また、クロック回路への入力はコンパレーターを使った信号延長回路(名前はテキトー)をつかって信号の長さを調節しています。コンパレーター大活躍!

ラッチ回路

今回の装置ではトロッコが3台とも打ち抜かれたことの判定にラッチ回路を使用しています。
言葉で説明するのが面倒なので画像をみて頂けるとありがたいです。



終わりに

最近はなんか私のテンションがおかしくなっていて、モチベーションの差が面白いことになってます。というわけで、今回も今回もとて 手抜きでした。ごめんなさい