Zirconia的な何か

Zirconia的な何か

どうでもいいことを呟いたり、マイクラ日記をグダグダ綴ったり、動画投稿したり、Zirconium Diaのブログです

MENU

回路解説『大釜式パスコードドア』

どうも皆さん、ZirconiumDiaです。
今回も今回とてスローな投稿となってしまいましたが、
気にせずマイペースに解説していきます


今回は大釜を使ったパスコード(?)ドアですね。
数字や言葉を使っているわけではないので、厳密にはパスコードではないのですが…

まぁ、細かいことは気にせずやっていきましょう!

YouTubeの動画↓

回路の構成

実は今回の回路は、以前(かなり前)投稿したこちらの動画の回路をそのまま流用しています。
要するに、回路を考えるのが面倒くさかったということです!

だって出てこないものは仕方ないじゃナイデスカー

今回の回路は信号強度判定回路(名前はテキトー)が中心となっています


この赤色の部分ですね

信号強度判定回路

この回路は名前の通り信号の強度を判定する回路です


このように、減算モードのコンパレーターと通常のコンパレーターを組み合わせて、
内側のコンパレーターに判定する強度より1少ない信号を送ることで完成します
今回は例として強度14を判定します


上のようにこの回路では、信号が設定された大きさと等しいとき以外はONになります

これをNOR回路で繋ぐことで、すべての判定をクリアしたときにだけ扉が開きます

終わりに

いつも通り雑な解説でしたね。まあ、気にせずに続けていきたいです!回路のネタがないのはかなり深刻な問題ですが…